子ども4人不登校からの学び

なぜ子ども3人不登校に?

なぜ3人が不登校になったのか。

もちろん3人同時に行かなくなったわけではない。

まず次女が行かなくなり、長女はその1年後、長男は更にその4ヶ月後に行かなくなった。

次女がある日を境に学校に行かなくなり(行けなくなり)母親なので自分を責めることからはじまった。

何が悪かったと過去を検証しては、その度にこれまで正しいと思い必死にやってきた自分の子育てがガラガラと音を立てて崩れていった。

すっかり自信をなくし、次女にかける言葉の1つさえわからなくなった。

不登校や、人生に関するブログや本を読みまくり自問自答を繰り返す日々。

そんな中facebookに流れてきた夫の友人の投稿に目が止まり後先考えず相談メールを送っていた。

今では私の心の師匠となっている茅ヶ崎の竜さんとたくさん話す日々が始まり私はこれまで共に生きてきた価値観や心の荷物を捨てどんどんと家族が良くなっていく感じがしていた。

心の中で不満ばかり言っていた夫との関係もとても良いものになった。

私は自分にもまわりにもどんどん甘くなっていった。

Share

勇気づけアドバイザー金丸由貴子

勇気づけアドバイザー

金丸 由貴子

46歳。果樹農家の嫁。
4人の子どもたちが次々に学校に行かなくなり人生を問いただされる。
今年長女20歳、次女18歳、長男14歳、次男12歳。
長女はファッションやメイクについて発信をしており、末っ子は近所のフリースクールへ。ほぼ全員家で自由気ままに過ごす毎日。