カテゴリー: 不登校

不登校, 子どものこと

不登校を解決したいですか?

私はいろいろと運がいいなぁと思うことが生きている中で多くあるのだけど、 その中の一つに「不登校を解決!最短〇〇ヶ月で学校に復帰させます!」「3週間で子どもは学校に行くようになります!」みたいな情報に引っかからなかったこと …

不登校

不登校について家族やまわりの人と考えが違うとき。

これね、もう本当に不登校の家庭ではあるあるなお悩み。 自分(母親)は悩みながらもわが子の味方であろうと考え方をチェンジして、不安でたまらない中でも学校に行かない道を選択しても大丈夫だとなんとか自分に言い聞かせやってる中で …

不登校

学校に行かなくていいと思えたのはなぜか。

4人の子どもたちが不登校。 来る日も来る日も子どもたちは毎日家で過ごしている。 そんな日々を最初から『ガハハハ〜』って笑い飛ばせられたわけじゃない。 それはそれは悩み苦しみ悶え起き上がり倒れという月日を超えて今日まで来た …

不登校

学校に行かなくなった娘に誰よりも寄り添ってくれたのはトイプードルのイチゴだった。

次女ちゃんが学校に行かなくなったのは5年生の6月、もうすぐ11歳の誕生日を迎える少し前だった。今から5年と4ヶ月ほど前のことだ。 今となっては当時のことはモヤがかかったようでハッキリと思い出せない。 娘の心中はわからず私 …

不登校

母ちゃん菓子折り持って挨拶行きたいわ。

子どもたちに人気のオンラインゲーム『フォートナイト』 末っ子くんもよくやっている。 フレンドがいて、話しながらやっている。 普段はヘッドホンでやってるから息子のギャーギャー言う声は聞こえても相手の声はこちらには聞こえてい …

不登校, 子どものこと, 金丸文化学園

金丸文化学園、子どもの居場所少しずつ。

2017年から「金丸文化学園」として不登校の親子の居場所づくりを少しずつしてきた。 これまではどちらかというと親御さん、特にお母さんに寄り添う場所だった。子どもが学校に行かなくなり多くの親御さんは困り果て、早く問題を解決 …

不登校, 日常の出来事, 金丸文化学園

金丸卓球場つくったどー!

卓球台を学園に置いてたのだけど、 いかんせん場所を塞ぎすぎていてイベントや集まりのときに畳まなくてはならないし都合が悪くて、、、。 でも、長男くんがとても卓球をやりたいみたいなので。 本人は自分からガンガン言ってくる感じ …

不登校, 家族, 子どものこと

自分の子どもだからって粗末に扱ってませんか?

親と子、、、特に母親とこどもは一心同体みたいなところがある。 母親から生まれてきたし、自分では何もできない赤ん坊の頃から手をかけてお世話してきたからそういう感覚になるのはすごく自然で当たり前のことかもしれない。 それでも …

不登校, 家族, 子どものこと

末っ子の歯医者通いで母としてまた学ばせてもらった。

末っ子が歯医者に通っている。 ずい分酷くしてしまって、何度も通っている。 やっぱり歯医者というのは憂鬱なもので、息子も予約日が近づくとため息をついて「やだな〜」と言ったり私に八つ当たりしたりしていた。 私はその度に「やだ …

不登校, 家族, 子どものこと

運動会の日にちを把握しなくなって何年かたちました。

どうやら今日はうちの下の2人の男の子が所属している小学校の運動会だったらしいことを先ほど知った(19:20) 買い物の行き帰りに学校の前を通るけど、少し前からテントのようなものが出ていたし子どもたちも練習している感じだっ …

不登校, 家族, 子どものこと, 日常の出来事

とっても嬉しいサプライズ!

今日はとびきり嬉しいサプライズがあった。 よく考えてみるとサプライズされるのって生まれて初めてかも。東京にいるはずの娘が目の前に現れたのだ!(´༎ຶོρ༎ຶོ`) 夕方、学園に立ち寄ってくれた友人をお見送りしたちょうどそ …

不登校, 日常の出来事

娘と週一で理科の授業を受けてるよ。

今更だけどわが家の子どもたちは学校に行ってない。 今年16歳になった次女さんは5年生の6月から行かなくなり、中1になり3ヶ月弱通ったけど、その後は学校には一歩も足を踏み入れることなく義務教育を終えた。 娘は勉強は嫌いでは …

不登校

不登校のおかげで出会えたなんでも話せる友たち。

今日は大好きなカフェに大好きなお友だちたちとランチに行ってきた。 結果6時間も喋り倒してしまった(~_~;)長居しても嫌な顔なんてこれっぽっちもしない優しいオーナーさん、ほんと感謝です。 でも6時間経っても、もんそんなに …

不登校, 金丸文化学園

金丸夫婦と不登校のお話会をしました。

昨夜21:00〜不登校のお話会をしました。 最近めっきり不登校に関する発信も少なくなっていましたが、今回お話会をやってみようと思ったのには私なりに理由があります。 お話会の冒頭でも少し触れさせてもらいましたが、今、、、と …