日常の出来事

消えていった、幸せ『だけど』

まさか自分がブログを書く日が来るとは夢にも思っていなかった。

とはいえ、まだ夫にしか話していないので知っている人も読んでいる人もいない。
なぜみんなブログを書くのだろう。
どうして私は書いてみようと思ったのだろう。
私という人間とか、生き方とか、家族とかを知ってもらいたいのかもしれない。
私はもしかしたら最初から自分のことを好きだったのかもしれない。
大切な家族も自慢したい。
私は今幸せだ。
幸せ『だけど』とは思わなくなった。
問題もあるけど、深刻になることも、笑い飛ばすことも、どちらを選ぶのも自由だ。
そんなふうに考えることができるようになったなんて、自分を褒めてあげよう。
苦しくても辛くても、今よりいい形になろうと諦めずに向き合ってきた私、偉いね。

そんな私を愛し支えてくれる夫の存在。
ありがとう。
出会ってからこれまで、そしてこれからも。