子ども4人不登校からの学び

私のいる意味。

なんだか家族の中での自分の存在意義がわからなくなり

 

ふて寝。

 

 

子どもの頃、自分が家族の中にいる意味がわからなかった。

 

 

それが蘇ってきて、重なって。

 

 

手放したつもりの

『何もしてない自分は存在意義がない』が戻ってきてる。

 

最近1人で頑張ってる感があって寂しかった。

 

 

だから全部やめてふて寝した。

 

 

『何もしてない私でも価値がある』

 

 

何かしてるとかしてないとかじゃなくて、

 

できるできないとかでもなくて、

 

ただいるだけでいい。

 

 

 

再確認のための時間だったのかな。

Share

勇気づけアドバイザー金丸由貴子

勇気づけアドバイザー

金丸 由貴子

46歳。果樹農家の嫁。
4人の子どもたちが次々に学校に行かなくなり人生を問いただされる。
今年長女20歳、次女18歳、長男14歳、次男12歳。
長女はファッションやメイクについて発信をしており、末っ子は近所のフリースクールへ。ほぼ全員家で自由気ままに過ごす毎日。