日常の出来事

さみしいさんと生きていく。

私はずっと『さみしい』気持ちと同居してきた。

 

心のカラクリがわかって昔ほど寂しさに囚われなくなり楽になった。

 

それでも時折顔を出す『さみしい』気持ちに気づくと、

 

『ああ、まだいたな〜。』

 

『いつになったらなくなるのかな〜。』

 

 

って思ってたけどふと考えた。

 

『なくならなくてもいっか。』

 

 

 

かれこれ30数年のお付き合いだもの。

 

そんな簡単にいなくなるわけないね。

 

 

これからは仲良く生きていこう。

 

もうさみしさに飲み込まれることはないだろう。

 

顔を覗かせたさみしいさんと話して自分の本当の気持ちを聞いてあげることができるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

読んでくださってありがとうございます! 応援メッセージや質問などありましたら<a href=”yuti.nao5100@gmail.com”>こちらへ</a> いただいたメッセージは必ずお返事できるわけではありませんが読ませていただきます。批判や押し付けメッセージはスルーさせていただきます。