子ども4人不登校からの学び

シートベルトは命を救う。

 

山梨は車社会。

 

わが家もどこに行くにも車だ。

 

子どもたちにも必ずシートベルトを着用してもらってる。

 

ここ最近で出会った人にはあまり知られてないと思うが私は過去に2度大きな事故に遭っている。

 

いずれももらい事故だ。

 

車が回転する大きな事故にあった話。 – 週刊ユキコさん

 

車が横転する大きな事故にあった話。 – 週刊ユキコさん

 

どちらも警察の方にシートベルトを着用してなかったら車の外に放り出されていたと言われている。

 

自分がどんなに気をつけていても防げないことってある。

 

だから今でも必ずするんだけど、末っ子が面倒くさがってなかなかしてくれないとき、

『お母さんはあなたがとっても大切で、痛い思いをしてほしくないし失いたくないの。』と伝えている。

 

 

小さい子がチャイルドシート嫌がったり、シートベルト嫌がったり大変なのも経験済みだけど、

どうか

『おまわりさんに捕まるよ!』とか、

 

『言うこと聞かないなら連れてかないよ!』とかじゃなくて、

 

なんのためにそれをするのか、ぜひ伝えてみてほしい。

 

 

 

Share

勇気づけアドバイザー金丸由貴子

勇気づけアドバイザー

金丸 由貴子

46歳。果樹農家の嫁。
4人の子どもたちが次々に学校に行かなくなり人生を問いただされる。
今年長女20歳、次女18歳、長男14歳、次男12歳。
長女はファッションやメイクについて発信をしており、末っ子は近所のフリースクールへ。ほぼ全員家で自由気ままに過ごす毎日。