子ども4人不登校からの学び

のど風邪さん。

昨日少し良くなったと思ったら今日はまた喉がひどく痛む。

そればかりか、風邪菌は長女へとまわったらしい。

今朝起きて声を出すのもしんどい様子。

とっても具合が悪そうだけど、初売りに行く予定になってたし、本人も望んだから出かけてみる。

具合は悪くなる一方。

滞在時間1時間もせずに帰ってきた。

すぐに布団に入る。

熱は38度台。

35度台が平熱の彼女にとってはかなりの高熱だ。

寒いというので毛布と布団を幾重にも重ねる。

とにかく喉の痛みが強く声も出せないし食べ物も通らない。

水分は摂って、夜には私がそうだ!と思い立ってスーパーにイチゴを買いに走り、バニラアイスと一緒にイチゴシェイク的なのを作って飲んでもらった。

我ながら美味しくできた。

具合が悪くなったのが帰省中で良かったと思ったが、寮にいたらひかずに済んだ風邪だったのだろうかと思うと申し訳ない。

とにかく温かくして早く寝よう。

Share

勇気づけアドバイザー金丸由貴子

勇気づけアドバイザー

金丸 由貴子

46歳。果樹農家の嫁。
4人の子どもたちが次々に学校に行かなくなり人生を問いただされる。
今年長女20歳、次女18歳、長男14歳、次男12歳。
長女はファッションやメイクについて発信をしており、末っ子は近所のフリースクールへ。ほぼ全員家で自由気ままに過ごす毎日。