不登校, 金丸文化学園

不登校児の居場所として新聞に載った日。

先日取材を受けた記事が今日の山梨日日新聞に掲載されました。

今回は不登校児の居場所特集ということで、私たちの文化学園だけでなく、県内の居場所が一覧となって載せられています。

思っていたよりずっと広いスペースで写真もカラーで乗っていてビックリしました。

「新聞見たよー!」

「頑張ってるんだね」

といった声が、普段私たちを取り巻く仲間のみならず、お久しぶりな友人からも届き朝からとても嬉しい気持ちでいっぱいでした。

まさかこんな日が来るなんて思ってもいませんでした。

たまたま家に使ってないスペースがあり、

子どもたちのためにとはじめた居場所作りが、結果私たち夫婦の居場所になり、

親にも、また子ども云々に関わらず大人にも居場所って必要なんだな〜というところでいろいろとイベントをしてここまで来てみると、

この場から始まった繋がりが繋がりを呼んで、それが少なからずみんなの役に立っているということは素直に嬉しいことです。

でも、「頑張った」という感じはほとんどなくて、

やりたくてやってきた結果がこうだったという感じです。

私たちはとても楽しくやっています。

これまで不登校に悩んでもどこに行ったらいいかわからない、誰に相談すればいいかわからないといった人たちが文化学園だけでなくそれぞれに合いそうな場所に問い合わせてみたり、

また今はどこにも行く気持ちになれない、誰とも話したくないといった人たちにも、もしタイミングが来たときにはこれだけの選択肢があるんだということを心に留めておいてもらえればと思います。

何はともあれ、私たち2人ではここまで来ることはできなかったわけで、日々集ってくれる人たちやSNSなどで学園を知り不登校で悩む親子に紹介して繋げてくれる人たち、イベントに興味を持って足を運んでくださる方たち、たくさんの人に関わっていただき場が成り立って継続できています。

本当に感謝しています。

それから今回取材してくださった記者さん、

私たちの想いに本当に寄り添い理解してくださり素晴らしい文章を書いてくださいました。

心より感謝します。

さて、明日は待ちに待ったビッグイベント!

私たち夫婦もプレゼンさせていただきますが夫婦漫才にならないよう(笑)でも楽しくお話しできたらと思います。

当日の参加も大歓迎です!

会場でお会いできるのを楽しみにしています(^ ^)

僕の夢、地域の夢、共に創る幸せ未来プロジェクト