日常の出来事

サクランボを守るということ。

夫「雨が降ってる、、、

雨が降ってる!!」

私「はいっ!!」

am3:30 雨の降る音に2人して飛び起きる。

一年を通して私がこんなに瞬時にはね起きることができるのは間違いなくこの時期だけだ。

地震だろうと、子どもに何かあろうと、ここまで俊敏な動きはできないだろう。

収穫期に入ったサクランボを雨に濡らしてはいけないという思いがそうさせているのだから我ながら大したものだ(笑)

寝起きでフラフラしながらパジャマのまま外に飛び出す。

幸い降り出したばかりのようだった。

そして全部の屋根を下ろし終わる頃にはほぼ止んでいた。

昨日、今季初で店を開けた。

例年と変わって学園に売店・受付を設置。

オーニングも新調した。

昨年不作で観光ができなかったため新しく作ったのに出番がなかったのぼり旗がやっと日の目を見る時が来た。

ちょっと地味ではあるけど、うん、なかなかいい感じ。

怒涛の3週間の幕開けだ。

布団の中でこのブログを書きながら半分寝ている、、、。

明日も早い。

もう寝よう。