不登校, 家族, 子どものこと

末っ子の歯医者通いで母としてまた学ばせてもらった。

末っ子が歯医者に通っている。

ずい分酷くしてしまって、何度も通っている。

やっぱり歯医者というのは憂鬱なもので、息子も予約日が近づくとため息をついて「やだな〜」と言ったり私に八つ当たりしたりしていた。

私はその度に
「やだよね〜」「気が重いよねぇ」と返すしかできずにいた。

今日も予約日だったから昨日から気にはしてたし今朝も「やだな〜」な雰囲気でいたので私も「やだよね〜」と相変わらずの相槌をうち洗濯物を干しに外に出た。

珍しく息子も外に出てきた。

お日様の光が手伝ったのか、
「でも嫌だけどがんばろうって思うんだよね〜」と言うので

「〇〇はすごいね。嫌だけどがんばろうって思うんだね。」と返した。

すると
「俺、前はお母さんにすごいね〜とか頑張ったねとか言われて、なんでそう言うか意味がわからなかったんだけど、今はなんかわかったんだ〜。」

と言うので、「そっか〜、前はわからなかったけど、今は嫌だけど頑張ることすごいって思ったんだね!」と相変わらずのおうむ返しで返しながら

これが大事だよね〜!って思って嬉しくなった。

どんなに他人にすごいとか頑張ってるとか言われても、自分がそう思えなければそれは意味をなさないんだ。

歯医者通いは憂鬱で痛みも伴ったけど、親子ともに毎回いろいろと学びになった。

これを書くにあたって少し息子に聞いてみたところ、

「お母さんも嫌だけどがんばったことがあって、だからその気持ちがわかって俺にすごいって言ったんだよね。」と言われた。

我が息子ながら深い!

子どもはほんとに素晴らしい。

どの子もみんな素晴らしい。

明日は、そんな素晴らしい子どもたちにもっと優しくしようよ、もっと大切にしようよ、みたいなことを書いてみたいと思う。

子どもたちよ、今日も学びをありがとう!

 

追記:なんとなく息子にもう一度聞き直したところ、自分のことがんばったって思ったわけじゃなく、なぜ私がそう言ったか意味がわかったとのこと!(^_^;)