不登校

表現に評価っておかしいよね。

ブログを読んでもらうようになって、たくさんの人に文章を褒めてもらう今だが、

 

小学生の頃書いた作文に

『金魚が家にやってきた』

という題名をつけたところ、

先生にもクラスメイトにも

『その言い方は人間に使う言い方だからおかしいでしょ』

というようなことを言われて、自分ではいけてる題名をつけたつもりだったから落ち込んだ。

 

長男に付き添ってしばらく授業について行ってた時も、国語の授業で感性豊かな発言をした子に『う〜ん、それはちょっと違うんじゃないかな』と返した先生にビックリした。

 

正しい日本語の使い方っていうのはあると思うけど、一人ひとりの『感じ方』『表現の仕方』に正解も不正解もないはずだ。

 

『学校』という名で仕切られた場所では、個人の想いにまで成績がつけられてしまうのか。

 

思えば私は音楽や美術といった表現する科目が苦手だった。

 

評価がなければもっと楽しめるのに。

 

描いたり作ったり、歌ったりは苦手でも、観たり聴いたりするのは大好きなのに。

 

楽しまなければ音楽やアートなんて意味ないのにな、、、。

 

学校ってなんだろ。

と思うことが本当に多い。