日常の出来事, 金丸文化学園

ほうとうを振る舞う。

 

ここのところ文化学園稼働率が上がっておりとても嬉しく思っている。

 

多様な学びの場だったり、

大人も子どももホッとする場であったり、

普段は自宅で育児しながらのお母さんたちのコワーキングの場になったり。

 

今日は昼頃から急きょコワーキングしたいとのことで、頑張ってる友人たちに昨夜facebookで好評だった「ほうとう」を振る舞った。

 

私は料理は好きではない。

ハッキリ嫌いとは言わないが、作らなくて済むなら作らないでいたい感じだ。

 

でも、喜んでくれる人がいるとちょっと頑張っちゃう自分もいる。

 

決して上手ではない。

料理のいろはも知らない素人の作るものだ。

 

それでも、誰かのために(それは家族ばかりではなく)料理を作るのは母とそっくりだな〜と思う。

 

よく知り合いの若い子とか、

姪とか、友人とかに、畑で作った野菜ばかりでなく調理したものも待たせてあげてたな、、、。

 

人のことばかりしてる母を嫌だと思ったときもあったけど、こういうことなんだなって最近は身に沁みてわかる。

 

母も誰かの喜ぶ顔を思い浮かべて作ってたんだろうな。

 

私も家族のためばかりに作るんじゃなくて、集まってくる人のために何か作るのは嫌じゃないな〜。

一度に大量にとか、何品もとかは無理だけど。

 

早くキッチンできないかな(。・・。)