不登校, 家族, 子どものこと

悩みはその人のもの。

事件は会議室で起きてるんじゃない!

現場で起きてるんだ!!!

あ、、、じゃなかった。

事件に大きいも小さいもない、、、って言うように、

悩みに大きいも小さいもないのです。

それを人と比べるからややこしくて苦しいことになるのです。

『あの人に比べたら私の悩みなんて取るに足らないこと、、、』

じゃなくて、

『私にしたら』すごく大変なこと。

『私にとったら』心から嫌なこと。

『私にとっては』めっちゃ傷つくこと。

『私にしてみれば』本気でゆるせないこと。

なわけで。

だから、人と比べないで自分の気持ちをまず聞こう。

もう、ほんと嫌だよね!
許せないよね!
もうやめてほしいよね!
泣きたくなるよね!
悔しいよね!

とかとか。

まず自分の本当の気持ちをたっぷり聞いてあげて。

そこからどうするか考えても遅くない。

そんなふうに思ってます。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
不登校・ひきこもり育児ランキング