夫婦のこと, 家族, 学び, 日常の出来事

『全部自分でできたら困る』からの気づき。

1つ前、、、昨日の記事で私は、

これまで『大丈夫じゃない私』を持ち続けてきたことを書いた。
(持ち続けてきたのは無意識、、、潜在意識の部分で)

何人もの人が
『自分でできるようになっても離れていかないよ』

『ユキコさんはユキコさんだよ』

などとコメントしてくれてとっても嬉しかったけど、心底『そうだよね!』と思えてない自分。

それで気づいた。

私の中に
『全部自分でできるようになる=全部自分でなんとかしなきゃいけない』

そんな法則がありそうだ。

かつて夫も不規則勤務であまりあてにならない頃、4人の子どもたちを相手にてんやわんや。
今で言うワンオペ、、、とまではいかないにしてもかなり1人で頑張っちゃってた。

甘えるとか頼るとかいうことばは私の辞書にはなかった。

もし仮にそんな事態になったら、
なんてダメな自分、、、と自分を責めていただろう。

何もかも自分で、1人で、なんとかしなきゃいけないんだから、、、。

そんな生き苦しさから離れて、この数年は頼ったり甘えたりが少しずつできるようになって、『ダメな自分でもいい』を受け入れることができるようになって、ずいぶん楽になったはずなのに、、、

そういうことだ。

全部自分でできるようになるということは、私はまた1人になってしまう。

そんな、眠ったはずの私の中だけの法則がまた目覚めようとしたんだ。

自分をひとりぼっちにするのは自分。

自分でできるようになってもいいし、ならなくてもいい。

できるようになっても頼っていいし甘えてもいい。

それでもひとりぼっちにはならない。

こんな感じかな、、、。

なんとなく肚落ちしきらないような気もするけど、、、。