不登校, 家族, 日常の出来事

私の宝物。

朝、夫を駅まで送って家に戻ったあと、子どもたちに少しの間家を離れたいことを話して、一緒に来てほしいと気持ちを伝え急いで支度をしてもらった。

大人の都合で申し訳ないなと思って

『お母さん、ワガママ言ってるかな、、、。』

そう言った私に

『いいじゃん、言ったって。』
と、次女。

そんな大人な発言をさせてしまうのは私がいつもあなたを頼ってしまうからかな、、、。

そんなふうに考えてまた申し訳ないなとも思うんだけど。

本当に優しいあなたたちに出会えて幸せです。

長女ともラインでやりとりして今の状況をわかってくれてるから近くに感じられて、、、

4人の子どもたちがいてくれて本当にありがとう。