不登校, 家族, 子どものこと

末っ子、文字を書く。

今日こたつの上に末っ子の筆箱(一応入学の方向だったのでひと通り揃えてあり、普段は棚の隅で埃をかぶってる)があるのが目に入り

『筆箱使ったの??』と聞くと末っ子は

『オレ勉強がしたいんだ』と言った。

 

少し前から時折
『オレは学校に行ってないからバカになる』というようなことを口にすることがあり、

そのたびに私は
『そう思うの?』

『バカになるってどういうことかな?』

なんてことを言っていた。

 

今日は急にそんなことを言いだしたから、

『じゃあ、文字でも書いてみる??』
と聞くと

『書く!』ということで、

自由帳でもないかなと本棚を見たけど見当たらず^^;
他に良さげなノートもないので

とりあえず白い紙を折ってマスを作って
お手本として名前を書いてみた。

保育所でもひらがなは一通りやったし、普段もゲームやテレビで読むから、全く馴染みがないわけではない。

まあまあ書ける。

名前を書いたら
『もっと!』

と言うから『うーん、、何書こうか』と言うと

『あいうえおがいい!』と言うので

 

五十音を書いてあげた。

 

真剣に書いてた。
楽しそうだった。

 

『書けた!』と満足そうに渡された紙に丸でもつけてあげよかな?と思ったけど、

そんな学校みたいなことしなくていいか、、、と思い直し素直な感想を添えた。

 

 

彼の中に本当に文字を覚えたい気持ちが芽生えたのか、
字くらい書けないとオレはバカになっちゃう、、、みたいな気持ちがあったのかはわからないけど、

 

新しい遊びのように楽しく覚えられたらいいな。