不登校, 子どものこと

過干渉。

最初、次女が学校に行けなくなってどうにかしなくてはと思ってた頃相談にのってくれてた人は

「子どものことは放っておきなさい」と言った。

私にとっては

「子どもを放っておくってそんな!」

まさにありえないことだった。

何を置いても子どもを最優先にしてきた私には理解不可能なことば。

いま振り返るととても過干渉で、それこそ「過保護のカホコ」状態、、、いや、あんなにひどくはなかったと思うが、、、。

先日の、学校に行ってない子の親の集い「つなぐ会」でも話題になった。

つなぐ〜学校に行ってない子をもつ親の会

「親の先まわり」

親は子どもを思うあまり、あれこれ先回りして子どもが困らないように、傷つかないように、良かれと思っていろいろと手を出してしまう。

子ども側からしたら「余計なお世話」でしかないのだけど、わかってるんだけど、つい、、、、、。

でも、これが過干渉だとわかったなら、少しずつやめていけばいい。

子どもを信じてないことにもなるし、学びを奪っている行為なんだとわかったなら少しずつでもね。

タチが悪いのはそれをわかってなくてやり続けることだから、気づいたなら知ったなら手放していこう。

まあ、それが一筋縄じゃ〜いかないんだけどね!( ;∀;)

Posted from SLPRO X for iPhone.