Weekly yukiko
週刊ユキコさん

子ども4人、不登校からの学び

Weekly yukiko

子ども4人

不登校からの学び

ある日…
子供4人が不登校に

子ども4人が不登校に

ある日

私たち家族はごく平凡な、いわゆるなんの変哲もないごくごく普通の家族で家庭だった。
2015年、当時5年生だった次女が突然学校に行かなくなったところから私たちは普通の家庭からどんどんかけ離れていき、「学校ってなんだろう」「幸せってなんだろう」、、という壮大な人生の問いと向かい合う日々が始まった。
Contents
KANEMARU Family

Blog

やっぱり私じゃダメなんだ

昨夜は珍しく夫が飲み会に参加してきた。その名も「スピメン会」→スピリチュアルなメンズの会の略。 山梨のいわゆる「無尽」と言われる集まりに行くことはあるけど、その他の呑みの席はあまり多くないと思われる夫が今回はやけに乗り気

続きを読む »

勇気づけアドバイザーやめました。

9月26日にこんな記事を出しました。 純粋に、これまでの自分の経験が少しでも役に立ったらいいと思ったからです。 そしてどうせなら相談に来てくれる方も「よし、今からでも遅くない。子どもとの関係を見直して、家の中がもっと安心

続きを読む »

違う違う、そうじゃ、、そうじゃな〜い。

人はそんなつもりが全くないのに意図せず人に嫌な思いをさせたり傷つけたりしてしまうことがある。 人が誰かによって幸せにしてもらうことはできないのと同じように、 何かを言われたり何かの出来事を受けて傷つくのは自分の問題であり

続きを読む »

生きてるだけで全部学校。

子どもが不登校になると、親はめちゃめちゃ悩んで 「学校って何!?!? なんだっけ!( ;∀;)」ってところで立ち止まる人がほとんどだろう。 ぶっちゃけちゃうと、 学校って、、、、、 ただそう呼ばれてるだけの建物です、、、

続きを読む »

いつもドラマの中にいます。

私は、 『いつも明るく元気でまわりの人を笑顔にして、優しく謙虚な心を持ちひたむきで前向きに生きてる、、、でもよくよく話を聞いてみたら、「え!そんなことがあったの!?!(◎_◎;)」ってビックリ仰天するような過去がある』

続きを読む »

息子たちの担任の先生が来てくれました。

昨日、11月29日、長男と次男のそれぞれの担任の先生が訪れてくれた。 と言っても長男の方はタブレットを使ったGoogleミートだ。 それぞれの先生に対する想いは今年の5月に書いている。読み返してみたら、なかなかいい記事だ

続きを読む »
プロフィール
勇気づけアドバイザー金丸由貴子

金丸 由貴子

46歳。果樹農家の嫁。
4人の子どもたちが次々に学校に行かなくなり人生を問いただされる。
今年長女20歳、次女18歳、長男14歳、次男12歳。
長女はファッションやメイクについて発信をしており、末っ子は近所のフリースクールへ。ほぼ全員家で自由気ままに過ごす毎日。
よく読まれている記事