カテゴリー: 家族

不登校, 家族, 子どものこと

娘に重なる子ども時代の自分。

次女が学校を休み始めた頃は、なんとか彼女の気持ちを聞き出そうとした。   普段から自分の思ってることや感情を表に出さない娘だった。出せない子だと思っていた。   学校が嫌な原因をあれこれ質問責めにし、『言わなきゃわからな …

不登校, 家族, 子どものこと

不登校でも卒業。次女、小学校を卒業する。

昨日は次女の卒業式だった。 ・・・とはいっても卒業式には出席せず、午後から校長室で卒業証書を受け取った。   娘にとっては、行かなくなった5年生の頭から小学校は卒業していたも同然かもしれない。   卒業式はなんとか全員で …

不登校, 家族, 子どものこと

スクールカウンセラーはその名の通り学校に戻すことを支援する人だった。

不定期でスクールカウンセラーと面談している。   専門家のアドバイスは聞いて損することもないだろうという考えで受けている部分と、 もう1つは学校側がおそらく母親の精神状態などを考慮してだと思うが、受けてもらいたいというニ …

夫婦のこと, 家族, 子どものこと

子ども最優先主義。

『子どもは何を置いても最優先でなければいけない。』 母親になってから私がずっと守り続けてきたことだ。 もちろん、全てそうできないときもある。 そのときはできなかった自分を責めて次はそうならないようにと反省することになる。 …

不登校, 家族, 子どものこと

不登校から1年のfacebook投稿。

[1年ぶりの学校] 6年生の次女が修学旅行に出発しました。 昨年の6月8日から学校に行けなくなりちょうど1年。 この1年は私にとって大きな心の変化の1年でした。 『まさかウチの子が』よく聞くこの言葉を自分が使う日が来るな …

夫婦のこと, 家族

夫との出会いで人生が明るくなった話。

高校2年生から短大の卒業間近までお付き合いしてた方がいた。 短大の2年間は遠距離だった。 ちょうど私の就職先の近くに住んでいたので、卒業してこれからはたくさん一緒の時間が過ごせるはずだったのにお別れした。 就職先の同系列 …

不登校, 夫婦のこと, 家族, 子どものこと, 日常の出来事

幸せそのもの。

23歳で結婚し2年後には長女を授かり、1度の流産はあったものの4人の子供を授かり、家族は仲良し、食べるものにも着るものにも困らない生活。幸せそのものだった。 何気ない日常の一コマで幸せを噛みしめることも多々あった。 幸せ …

家族, 子どものこと

愛しの末っ子エピソードです。

不登校や心のお話から気分を変えて、末っ子も同乗していた際の大きな事故の後日談です。   乗っていた車が廃車になってしまい、新しく車を買いました。 それまで乗っていた車はお祓いをしていなかったので、今回はしてもらおうという …

不登校, 家族, 子どものこと

自分にもこどもたちにも緩くなった結果。

茅ヶ崎のおじさんと話したり、心屋さんの本を読んだりで、どんどん甘くなり『頑張らなくてもいい』になっていった結果、学校で嫌なことがあって頑張れない、休みたいと言う長女に『いいんじゃない、たまには休んでも。』と答える母親にな …

不登校, 家族, 子どものこと

なぜ子ども3人不登校に?

なぜ3人が不登校になったのか。 もちろん3人同時に行かなくなったわけではない。 まず次女が行かなくなり、長女はその1年後、長男は更にその4ヶ月後に行かなくなった。 次女がある日を境に学校に行かなくなり(行けなくなり)母親 …

家族

なんか霧が晴れてくようなスッキリした感じ。

自分の記録として残しておこうと、何となく始めたブログ。 公開するつもりはなかったが、気が変わって公開してみた。 記事を更新するたびに自分のこれまでを振り返り、我ながら 『苦しかったよね』 『頑張ってたよね』 『偉かったよ …